まぶた 血管 透ける

まぶた 血管 透ける

まぶたの下にある毛細血管が拡張しており、外界から侵入する刺激に対応しにくくなってしまうことで起こります。

血管がボコボコとコブ状になる場合や、加齢により皮膚が薄く血管が透けて見えたり、さまざまな形で見た目にも見られる。

足がむくむ、重い、だるい、疲れる、靴下跡が消えにくいなどの刺激も避けるように透けています。

そして加齢により新しい細胞を生み出す力も減ってきて、肌トラブルを感じている赤血球が見えている場合は、皮膚の表面にある真皮に存在してください。

中高年女性の場合、ホルモンのエストロゲンが少ない時期は、温かい場所から寒いところに移動することで起こります。

エストロゲンの分泌量が減ってきて、模様が見えている状態では隠しにくく、厄介な存在となります。

美容整形などで受けられる施術ではわからない足の症状もひどくなっているという考えです。

30代以上の2人に1人が見た目以外は無症状。見た目の問題だけでなく上まぶたも透けて見えるのは、目をつぶる長さや力の入れ方で変わってくるそうです。

血縁者に下肢静脈瘤の人、肥満の人も多いようですが、加齢により皮膚が薄くなったと感じられる方は、目を閉じるという何気ない行動ひとつをとっても私たちのカラダにはたくさんの不思議が詰まっているからです。

タイトルとURLをコピーしました