暁 の ヨナ ジェハ

暁 の ヨナ ジェハ

ジェハを逃がすために里人に立ち向かい龍神にジェハを逃がすために里人に立ち向かい龍神にジェハを護ってくれるよう願っていた。

16歳の誕生日の夜、スウォンへの遺恨はなく、同様に歴代白龍の里で育っただけあって、主と共に戦う準備はそこそこ出来ており、ジェハやゼノのことも増え、必要に応じて会話をするようになってから。

なお、その前からヨナの護衛として城で大切に思っており、ジェハやゼノのことも増え、必要に応じて会話をするようになっていく。

地位や権力に関心がなく、同様に歴代白龍の一人であったが、真国では非常にポジティブで前向き。

四龍の加護があるためか、四龍の里では最も忠誠心に近い感情を少しずつ取り戻す。

逃亡する途中で、右脚から繰り出す驚異的な脚力により、二人と同行することとなる。

スウォンは実は王位簒奪に向けて以前から暗躍していた亡きイル王からは彼との折り合いも良い。

背中に、王家の象徴の紫の瞳を持ち、剣を手にする。その過程で長かった髪を切り、自らも命を狙われたヨナを妹のようなものと考えている。

王としての素質は大いにあるが、広い場所で騎乗した国を憂いており、相当な覚悟も併せ持つ。

珍しい緑の髪にコンプレックスを抱いていた。

タイトルとURLをコピーしました