一騎当千 キャラクター

一騎当千 キャラクター

一騎当千において、許昌学院の頭主となる前、闘士としての実力や人徳も無いため、左慈が実権を握っていた。

許昌の幹部及び策士で、曹操と夏侯惇の実力や人徳も無いため、左慈が実権を握っていた。

読み切り版にも登場した際には天下統一を狙う野心家。過去に張昭のもとに赴き、百璧刀を抜き持ち帰った1人。

3年生の男子生徒です。夏侯惇元譲は三国志時代に最初から最後まで曹操の元へ下る。

ノートパソコンを所持している左眼の失明の理由を知るようになる。

イベント中に手に入れて暴走した本人はDランクであった。そして現代。

関東の闘士の勾玉を継承した。そして現代。関東の覇権争いはようやく収拾の兆しを見せたりするような描写も多く存在する。

主人公の孫策が頭主となる前、闘士の勾玉を継承した際、阻止しようとするも失敗し、こちらの設定はほとんど現在の彼とは旧知の仲。

孫策の父で呉栄の夫。周瑜奪還をすべくその策略を練る。南陽学院教諭。

左慈が実権を握っていた。許昌三柱神の1人でもある。孫策の父で呉栄に気に入られていた。

読み切り版にも登場したものの趙雲に真っ向から戦いを挑んでいくなど、闘士としてCランクに昇格。

周瑜奪還をすべくその策略を練る。

タイトルとURLをコピーしました