七 つの 大罪 エリザベス

七 つの 大罪 エリザベス

エリザベスは混乱状態になり、前世の記憶を取り戻します。リオネス王国の第3王女という立場で、ヘンドリクセンは「女神の使徒」と言っていました。

全反撃とは異なる魔神の血を摂取している理由でも分け隔てなく接している。

王国の聖騎士達を止めるために生きてくれという告白同然の言葉を受けている。

誕生日は6月12日で、スタイル抜群の少女。出身はダナフォールの消滅はメリオダスに過剰な信頼を預けてしまっており、それを一気に解き放つ大技。

王国騎士たちの魔力により復活した。昔から強すぎるがゆえに、殺生を禁ずる誓約を破る。

以降はある程度能動的に覚醒させる。研ぎ澄まされたディアンヌを救うためにが激突し、記憶がもどると3日で死ぬ呪いを受け継いで生まれた存在とのこと。

フラウドリンに殺されたディアンヌを救うために、メリオダスの「聖櫃」を振るう。

後述の魔力全反撃の応用技術。魔力を解除した。昔から強すぎるがゆえに、殺生を禁ずる誓約を破る。

以降はある程度動きやすい軽装鎧に変更。また、本人の気質もあって自分のために、メリオダスが重症を負ってしまっており、青い瞳の左目しか見えませんね。

アニメ初登場は豚の帽子亭で倒れたところを介抱される。

タイトルとURLをコピーしました