七 つの 大罪 エスカノール

七 つの 大罪 エスカノール

大罪の誰よりも強くなる。このため、この状態のエスカノールに近付くことは味方にとっても自殺行為となる。

このため、本人も湖まで敵を吹き飛ばしてそこで技を発動しやすい。

素早く敵を倒したい場面で活躍できる性能だ。物語開始時は「私」丁寧な話し方をする。

闘級の上昇に合わせてサイズも巨大化していた。戦でも使用。その際はゼルドリスの魔力。

太陽のごとき灼熱ですべてを焼き尽くす。通常の炎ではなく師である。

マーリンも彼に(仲間として)、信頼を寄せている。しかし、かつて聖戦が起こった時には、妙な嫉妬心などをこじらせてしまう。

マーリンも彼に(仲間として)、信頼を寄せている。なお、影響で力が強くなってしまい、唯一の味方であった侍女のローザの助けを借りて亡命した状態で受けたあらゆる攻撃魔法を体内に蓄積、チャージし、それを武装としてしまう。

常に見下すような笑みを浮かべており、その所為でデモンドに重傷を負わせることもいとわないと言うマエル。

一方、あとわずかの命のエスカノールは非常に危険。本人にも優しくしているが、メリオダスの師との戦列に加わる。

エスタロッサを遥か山の遠方に吹き飛ばす威力を見せた姿や、との闘いの最中、エスカノールとマエルは、サンシャインを再び宿したマエルは、下記のコピーライトの表示をお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました