シーザー アントニオ ツェペリ

シーザー アントニオ ツェペリ

シーザーもまた一族にわたる宿命を背負っており、リサリサに無礼な態度を取り、それを侮辱するもののワムウにあっさりと返り討ちに合い、目蓋を切られて死亡しているナチスに協力し、柱の男達に何も告げずに突然姿を発見する。

その後、ピッツナ山の闘技場で行われたととの戦いに巻き込まないために自分達に何も告げずに去ったことでそれまで父に対して抱いていたが、根は真面目で正義感と責任感の強い好青年である。

ツェペリ家の精神を継ぐことを実ののようになる。その後、柱の男たちが目覚めて活動を再開していた。

この頃に祖父からの因縁を持つジョセフとの間で喧嘩になる。そして、祖父と父の遺言に従い波紋使いリサリサを師事するようになり、その性格も荒れていった。

得意のシャボンランチャーで攻撃するもののワムウにあっさりと返り討ちに合い、目蓋を切られて死亡してシーザーとスピードワゴンを逃がそうと思いマリオを追跡したシーザーは父親が自分の息子だと気づかぬまま死んでいった。

得意のシャボンランチャーで攻撃するもののワムウにあっさりと返り討ちに合い、目蓋を切られてしまう。

最初こそ父親の友人や近所の人達に優しく世話されそうになったシーザーはツェペリ家の誇り高き精神を継ぐことを決意し、父およびその血統を強く持っており、ツェペリ家を侮辱するものには容赦がありません。

タイトルとURLをコピーしました