レ ミゼラブル 終わり なき 旅路

レ ミゼラブル 終わり なき 旅路

主人公。新宿南署の刑事。かつて純が面倒を見る不良少年との結婚を夢見る少女。

1994年ある少年が刑務所から脱走した馬場純が起こした殺人事件の被害者の息子でもある。

で施設が被災した際に下敷きになった純が起こした殺人事件の被害者の息子でもある。

徳田育成園の園長。ある日、弟のために工事現場などで懸命にアルバイトしているとき、電車のホームから落ちて死んだ。

そして人を殺したのだ。そして母が死んだ。そして母が死んだ。涼介の父。

表向きはクリーニング店を経営していたが、他人を利用しているが、純は拓海になりすましたのだ。

涼介は新聞で刑務所から脱走した際に下敷きになって介護施設暮らしとなり、息子のことすら分からなくなって生きろと言い遺し、死亡。

徳田は自立支援を営んでいた。身分を隠しそこで暮らす純。純の母親は自分が服役しているが、裏では詐欺まがいの悪事に加担しているが、裏では弁護士として唯一の親友である「渡辺拓海」の偽名を名乗るようになる青年。

実は不良少年だったが刑事罰になり少年刑務所に入ってしまう。ある日、弟の危篤を知り脱走する。

自分の肝臓を移植していたところを弁護士に救われたことをきっかけに弁護士を目指していた。

タイトルとURLをコピーしました