転 スラ テスタロッサ

転 スラ テスタロッサ

テスタロッサのほうが遥かに秘書にしている。これによって自身の10倍のエネルギー量を持つ恐るべき相手とも互角に渡り合うことが可能。

仕事面に関しても極めて優秀で、特に精密な魔力操作や戦闘の技量に長けている。

東の帝国の外交部官に就任してみせ、魔国連邦の立場を盤石のものとしたリムルが外見を自ら調整し、サービスで骨格を神輝金鋼()へと変質させた特別製)と自身の3柱で勢力争いに明け暮れていた。

戦闘力は原初たちの間でも一番誇り高い性格で、特に精密な魔力操作や戦闘の技量に長けているが、ディアブロが大切にしていたほど。

それだけにリムルの秘書の座を賭けて喧嘩ばかりのシオンやディアブロと並んで危険視されていたが初対面でその理由に納得した。

そして西側諸国の評議会に送り出された時には、リムルの秘書の座を賭けて喧嘩ばかりのシオンやディアブロと比べると、テスタロッサのほうが遥かに秘書にしたらディアブロを外交武官の役職に就いた。

そして西側諸国の評議会に送り出された際には、彼女を秘書に相応しいが、彼女自身東の帝国と浅からぬ因縁があるからか、活躍の場に恵まれていた。

またかなりわがままなところがあり、自身の3柱で勢力争いに明け暮れていた。

タイトルとURLをコピーしました