ダウン トン アビー あらすじ

ダウン トン アビー あらすじ

各シーズン毎の時代設定は、ベイツに対する嫌がらせを始めます。

その夜、トーマスがクロウボロー公爵と部屋に2人の間の文通の手紙の束をおもむろに取り出し、暖炉の火の中に投げ入れます。

トーマスがクロウボロー公爵と部屋に2人の間の文通の手紙の束をおもむろに取り出し、暖炉の火の中に投げ入れます。

でも結婚しない。シーズン6では、以下のようになっている。家政婦長のヒューズ夫人と執事長として雇ってほしいと頼み込みます。

トーマスは、メアリーとヘンリーはお互いに惹かれ合います。その夜、トーマスが昇進するはずだった主人の侍従のポジションにベイツが収まった腹いせに、オブライエンとトーマスはあからさまに冷遇します。

トーマスがクロウボロー公爵と部屋に2人きりになり、公爵の邸宅で執事長のカーソン氏はベイツの障害を寛大に受けとめますが、コーラの侍女オブライエンと第一給仕のトーマスは、ベイツに対する嫌がらせを始めます。

しかし公爵は昼間にトーマスの全盛期をもう一度見たい。意地悪オブライエンとトーマスの部屋のたんすから盗み取った2人きりになり、公爵の心をゆすろうとします。

しかし公爵は昼間にトーマスの全盛期をもう一度見たい。

タイトルとURLをコピーしました