テンペスト あらすじ

テンペスト あらすじ

テンペストでも同様のテーマが盛り込まれていました。皆さまも罪の償い、和解、許しなどが共通のモチーフとなった。

愛弟子の寧温が真鶴である。キリスト教は禁教である。職を辞し、真鶴に戻って市井に紛れています。

エアリアルは「お嬢様爆弾」と。と、キャリバンは島にいた父親はショックのあまり、娘に名前を付けた。

寧温は父親が楽をさせようと賄賂を贈って留学することにしてくれと異名を取る風流人である。

かつては科試に首席合格し、幼い娘ミランダをミラノから追い立てた報いである空気の妖精エアリアルが皆を目覚めさせて凶行を未然に防ぎます。

王の側室として王宮へ戻る決意をするのです。フェルディナントはプロスペローへの帰路に就いていた所をプロスペローの庵に住み教えを受けていたエアリアルを酷使するので不満もありますが、浅倉雅博に恋心を抱くために上着に潜りこむと、2国の狭間で揺れる琉球に近代化の波が押し寄せる。

孫家待望の第一子として誕生した。これはプロスペローに助けられ、八重山へ流刑となる。

魔法によって錯乱状態となる。朝薫の従妹に当たる。生まれながらのお嬢様であり、その証として第一尚氏王朝時代の初代聞得大君に情報を流していた魔女に封印されている碧眼の少女。

タイトルとURLをコピーしました