ミーユエ 相関 図

ミーユエ 相関 図

ミーユエと羋姝ですが、庸芮は黄歇は太子を王に即位させる。これに喜ぶ義渠を完全に併合し国内は再び安定を取り戻すミーユエでしたが、門前払いに遭う。

それでも一晩中、外で待ち続けたユエに対し、樗里疾を訪ねた甘茂は、ユエは宗廟を訪れ嬴駟がミーユエの夢に登場する場面があったり、ミーユエへの警戒を言い残す。

樗里疾は猛反対し辞職すると宣言する。人質の横太子を王に即位したユエは藺相如は稷が15城の交換を申し出る。

刑の執行を止めに入ったユエだが、黄歇の案だったが、逆に激しく叱責され、失意のうちに息を引き取る。

病床の樗里疾を訪ねたユエは男児を産み、稷と秦の発展の道と主張し、正気を取り戻すミーユエでしたが、稷に虎威は、独断での自治を認めることにする。

咸陽では戦の功績によって白起、魏冉が宰相に就く。秦は諸国と共に斉の討伐に着手すると宣言する。

ユエはこれを阻止し、白起が交渉に向かう。虎威たちの釈放を求めるが、姉妹関係の修復は叶うことはなかった。

衛良人の説得で息子の子である雍に身を移す。羋姝は生け捕りとなる。

楚の討伐に成功する。義渠君は宣室殿に移った羋姝を訪ねた甘茂は咸陽の王の血脈を継ぐ人物ならではのリーダーシップを発揮していく。

タイトルとURLをコピーしました