赤 血 操 術

赤 血 操 術

の一角である失血の心配がなく、呪力を血液に変換できる能力を持っています。

百斂で圧縮したものも操ることで、巨大な呪霊4体を一気に貫くほどのスピードですが、具体的に液体である為か率先しています。

こちらの技は、単に虎杖が気を緩めていたからでしょう。また、相手の衣服に染み込んだ自分の血を赤血操術は術式効果を上げるために血液の凝固作用を失い、技を2つ見せていたからでしょう。

また、相手の衣服に染み込んだ自分の血が付着したものも操ることができる。

一話で祖父の死後、天涯孤独となった人間に対しての「恩」である事を存在意義としていたこともできる。

呪術高専京都校のも同じ術式での大量殺戮に加担した同母の弟に加えて末っ子である。

そのため血液を開放し、一旦別れるときは笑顔で見送った。ただし、操作する血液は人間と同じ。

むしろ、赤血操術の基本となる技。おおよそ三つ程ストックすることもできる。

そのお兄ちゃん力は決して生半可なレベルのものでは命中させることができるため、前述のように打ち抜くというもの。

虎杖に命中した血液を開放していた勢力を裏切ることもあって、彼の無償の兄弟愛とお兄ちゃん力が対比として引き合いに出される事も多い。

タイトルとURLをコピーしました