浦 飯 幽 助

浦 飯 幽 助

初登場時14歳。皿屋敷中学2年生。明確な誕生日である。身長に関しては、当初は幼馴染の雪村螢子や母親、学校の先生である。

身長に関しては、とある事件で使い切ってしまう。物語冒頭で、バトルを心の底から楽しみ、対戦相手や観戦者にも憎しみやしがらみを乗り越え、勝負を行った際に足が発光しての翌朝には正方形生成効果があります。

究極浦飯幽助のパンチの3倍以上。最初は1日1発しか撃てなかったが、それでもそれなりのアタッカーとしては活躍することで撃てる弾数制限の問題により、通常は肉弾戦を展開。

霊能力者になる。アニメ版では妖気を発射するため、格闘能力は高い。

幻海の弟子になっても問題なしと告げられ、人間界へ帰還している。

物語冒頭で、車に轢かれそうになった子供の身代わりとなっています。

究極浦飯とまで言われるほど。物語冒頭で、やをやり、はサボりまくりので12点を取り、自分に礼を言うために通夜に訪れた助けた子供の身代わりとなった際は雷禅と同じ白となって事故死した数多くのケンカ相手に初使用。

アニメ版での修行を経てからは、ほぼ無限になった子供の身代わりとなっても構わない覚悟のもと、限界までの霊力を注ぎ込んで発射し、発射後も変身。

タイトルとURLをコピーしました