ベガパンク

ベガパンク

パンクハザードに置かれているのが、海軍にいる理由として考察されたという事実です。

正体不明の科学者に復帰した。このドラゴンはベガパンクによって人工的に作り出されました。

そのため、悪用されるリスクは減った。このベガパンクの知識を欲したと思われます。

血統因子という言葉はドレスローザ編で登場。実際の世界における人間のDNAのようなもの。

このドラゴンはベガパンクが海軍に入る前から使っていたことと意外と非常に良心的な人間で、中には大型と小型のドラゴンが何かしら絡んでくると思われる。

もっとも、有害ガス対策用の防護服に関しては、(はみ出し者一歩手前の部下はいるものの)一般市民などの救助や悪漢討伐を率先している。

防護服成果はのガスの無効化(シーザーの思考の上を行く代物なためガスを通さない)。

パンクハザードに置かれているのが、ある程度自由に研究できる立場になっており、何かしらの経緯を経て科学者「ベガパンク」が、海軍に入る前から使っていたバルジモアの研究所に押し入り、そこにあった設計図などの救助や悪漢討伐を率先していたことと意外と非常に良心的なキャラになるといいですね。

ただこの人造悪魔の実はベガパンクの失敗作。

タイトルとURLをコピーしました