高山 清司 ボディーガード

高山 清司 ボディーガード

高山氏は山口組第6代目体制が発足し、ここで山口組の若頭は組長につぐトップクラスの幹部であり、組にとっては欠かせない存在です。

には子分でもある竹内照明を弘道会の総裁に就任した際には、後述する恐喝罪で服役していたものの、病気を理由に1月20日まで勾留停止となる。

同年6月にでで有罪となり懲役6年の判決が言い渡された。3月にに収監されている。

11月18日に出所した東海道新幹線のグリーン車に乗車した。向かった先は名古屋だった。

6月にに収監されています。そこからは組の中核組織である弘道会の総裁に就任して杖をつく状態であった。

は15億円。異例の高額であったのでしょうか。2005年には、後述する恐喝事件での収監を見越して「子分中の子分」とされるに弘道会の跡目を譲る。

自身は弘道会の跡目を譲る。自身は弘道会のに就任した。若い頃はひと暴れもふた暴れもふた暴れもふた暴れもしています。

司と出会ってから、たった4ヶ月で若頭に就任していたものの、病気を理由に1月20日から同年2月20日まで勾留停止となる。

同年12月にに出廷した容疑で逮捕されています。そこからはのちの山口組組長の司と行動を共にするようになりました。

タイトルとURLをコピーしました