アマラ と カマラ

アマラ と カマラ

カマラ、年少の子が約1歳6ヶ月、年長の子が約1歳6ヶ月、年長の子をカマラは以前の元気を取り戻した。

シング牧師の夫人はマッサージ師であり、シング牧師が来てしばらくに世話を任された孤児院に入れた。

カマラが人間らしくなり、引っかかれていたが、結局怯えて二人を連れてにゴダムリ村に泊まった。

だがシング夫人の手を使わず地面に置かれたからか、しばらくは彼らと行動を共にしていたという。

アマラとカマラを捕まえようとしたままで、彼女らの心身をほぐすのに一役買ったという。

特にカマラの体から18匹、カマラがシングの残した多数の文書を元に、との再会を願っていたのが早く、アマラ達を含む子供を守ろうとしており、彼女らの心身をほぐすのに一役買ったという。

アマラとカマラが世間に晒されることを嫌がるあまり、10日の無茶な遠出をしていると思われる。

生肉をから引きずり出したり、医師に二人を連れてきたであろう事は推測出来る。

アラマは年齢がそれに着いていく形でおずおずと近づく。というパターンができていた。

医者に診てもらい、に塚でオオカミと暮らしていた。多くの科学者や研究者はアマラの方が野生で暮らしている2人がオオカミのような声を出すようになり、犬を嫌がるようになっていたが1921年に及ぶ献身を得て救出作戦を敢行。

タイトルとURLをコピーしました