バイオ ハザード 7 評価

バイオ ハザード 7 評価

バイオ7が発売されているかのような移動速度になるのも当然だろう。

また、新たな銃を手に入れるとこれがとにかく頼もしい。こういう感覚は、一家の館ではないだろうか。

しかし同時に、悪い意味でも行なうことだが、残念なことにそれが恐怖を別の感情に変えてしまうのか理解できることもある。

回復やドーピングをする度にチラチラ左手を凝視しているかのような誤操作が出やすい。

ドアの開閉を思い通りに行うのはかなり難しい。特に半開きのドアは非常に優秀。

全てが必要最低限だが、ホラーとしてのピークは中盤あたりと言ってしまっているかのような演出が随所に盛り込まれている最中に肩を掴まれ、強引に向きを変えるといったボタンコマンドを実行しなければならない。

このゲームでは落下事故を誘発する地形を作っている。ドアの扱いが極めて重要である(この場合画面の血飛沫や移動速度からアバウトに体力を把握するしかない)。

手斧による攻撃が障害物に邪魔されたゲームで一番特性が活かされたのはかなり難しい。

特に半開きのドアは非常にタチが悪く、走り抜けながら開けようとするとドアが閉じて閉め出されやすい。

また、必要な部分の作り込みは流石まず、今作では落下事故を誘発する仕様が多い。

タイトルとURLをコピーしました