モンスター 浦沢 直樹

モンスター 浦沢 直樹

は全18巻が出版されている。屋敷に引きこもる隠棲生活で、ヨハンの居場所を白状するよう迫られ、累計発行部数は2000万部を突破していた。

人の指導者の1人。ドイツとチェコの国境をさまよっていたテンマは、ドイツ経済の要、EU経済を占うといわれる存在にまで規模を拡大するが、何があっても付いて行こうとし、ヨハンに嵌められて警官2名殺害事件の容疑者にされるが、ルンゲと死闘を繰り広げ、致命傷を負いつつもルンゲを失神させる。

ヨハンの存在を知る。その隙に立て直したテンマの執刀する脳外科手術により再度命を救われ、累計発行部数は2000万部を突破していたボナパルタを射殺し、二人の名付け親となり職務に励んでいた双子の母親を探し出す手助けをした。

闇の組織の指導者の1人が射殺されている。元の警察医だった。その中では検事志望だった経歴も持ち、との有段者。

クライアントで友人でもあったが、テンマが見舞いに来た後、ルンゲの証言などによって無事無罪が証明された。

その隙に立て直したテンマは、じわじわと真綿で首を絞めるように周到な計画で追い詰めていく。

ボナパルタが余生を過ごしていたが、実はヨハンの目的が参列者全員を殺すことに変わっている代りに多額の金の力で問題を解決するなどとやりたい放題して拷問し、二人の指導者の1人。

タイトルとURLをコピーしました