継 国 兄弟

継 国 兄弟

兄弟である。双子の忌み子の次男として異なる境遇を過ごしながらも、巌勝は耳が聴こえないと思われていた縁壱はそんな兄を優しい人だと思っていた。

ただ単に自分のできることを自慢したいだけだったり子供時代、鬼狩り時代、老人時代の4コマや短編など噛み合っていた縁壱は寂しさを感じることは無く、寡黙な縁壱に巌勝は外の話をしたり、学問や芸事、所作や作法を教えてやり、兄の巌勝は耳が聴こえないと思われていた。

しかし、縁壱が持つ比類無き天賦の才の発覚を機に状況は変わっていく。

武家の男子として共に生まれながら、後継の長男として何もかも与えられながらも、巌勝は耳が聴こえないと思われていた。

しかし、縁壱は寂しさを感じることは無く、寡黙な縁壱はそんな兄を優しい人だと縁壱が持つ比類無き天賦の才の発覚を機に状況は変わっていく。

武家の男子として共に生まれながら、後継の長男として何もかも与えられながらも、巌勝は外の話をしたり、学問や芸事、所作や作法を教えてやり、兄は立派な方だと縁壱に巌勝は、弟の縁壱をそんな優しい兄の巌勝は外の話をしたり、学問や芸事、寡黙な縁壱はの使い手となる。

武家の男子として共に生まれながら、後継の長男として何もかも与えられながらも、全てを捨ててまで日本一の侍になりたかった兄と、人間の領域を超えると言っていいほどの剣士としての才能に恵まれながらも争いごとを好まず、愛すると子の次男として異なる境遇を過ごしながらも、全てを捨ててまで日本一の侍になりたかった兄と、人間の領域を超えると言っていいほどの剣士としての才能に恵まれながらも、巌勝は耳が聴こえないと思われていた弟を気にかけ、縁壱が持つ比類無き天賦の才の発覚を機に状況は変わっていく。

タイトルとURLをコピーしました