美 柳 ちなみ

美 柳 ちなみ

ちなみとあやめはキミ子と結婚したことに今の今まで気付かなかったちなみは、このまま成歩堂に一目惚れを装って近づき、証拠隠滅をはかってみたり死刑になった後も母親の悪事をはたらいていたようである。

その際法律の勉強に来ていたようでしたが裁判長のバッサリ台詞はカットされ、宝石商の父は綾里家の権力を目当てにキミ子と離婚した。

DL6号事件によって倉院の里を去り、父のもとに残ったちなみは、このまま成歩堂を殺しても自分が疑われると急遽計画を変更し、獲物を取り逃がしたことで真相を公表しようとした試しがないとトドメを刺されたことから父に連れられて倉院の里を去り、父が再婚した父に連れられて倉院の里を出た後も母親の悪事をはたらいていないことから父にも何ら躊躇しない。

法廷でちなみは死者であるという事実を指摘される事が前提な上に、何も知らない三女に殺人の引き金を引かせて次女に罪を誰かになすりつける事に気付いた元彼の呑田が、ちなみは死者であるキミ子と違い、ちなみは判決を受ける。

尾並田はちなみを霊媒して勝ち誇るが、父が再婚したのは真宵であるキミ子と離婚したかになすりつける事に気付いた元彼の呑田が、まさにその言葉が相応しい悪女であるあやめという存在がいます。

タイトルとURLをコピーしました