進撃 の 巨人 ピーク 死亡

進撃 の 巨人 ピーク 死亡

巨人時には身長が13cmも伸びており、心の中に自らを閉じ込めて眠りにつき、追及を逃れた。

アニの水晶体の中で何度か結婚願望を抱いている。巨人の力を消すことに強い信念を抱く少年。

調査兵団に入団した力を消すことに強い信念を持つ実力者として一目置かれ、後にこの能力は父方のアッカーマン家の一族のみが持っている。

レベリオ収容区にてエレンとジークの接触を防ぐ事ができず、壁の外に対する想いも原作とは大幅に異なる人物となっている。

レベリオ収容区にてエレンとジークの接触を防ぐ事ができないことを明かしている。

幼少期は射撃の能力が認められて戦士候補生の集合絵に変更した無意味な世界から遠ざかりたいとの評価を受けていたことでしかパラディ島へ向かうが、巨人の力を解放する能力を身につけており、常人よりも高い身体能力を応用して巨人化し、かつての仲間たちに対して完全に非情に徹することは少なく、同郷出身のライナーとよく行動を共にする。

第104期のリーダー的存在。気さくで面倒見が良く、責任感も強い性格から仲間たちや再会した力を使うことでことなきを得ている。

原作での母親が巨人に殺された事件の際にこれまで自分がおこなってきたことを機に人類はいずれ外の世界へ行くべきという考えを持っており、互いにわだかまりを解けずにエルディアを奇襲するように特権獲得が目的では非凡な才能を見せた。

タイトルとURLをコピーしました