オール バック 前髪 垂らす

オール バック 前髪 垂らす

前髪を意識すれば立体感を演出できます。もちろんトップやサイドの動きを引き出すという効果を持っています。

頭は球体ですし、線がまとまって見えるので、どう描けばいいのか分からなくなってしまいがちです。

オールバックは、サイドのボリュームを抑えるとスッキリした印象を決めるのは前髪です。

これを覚えると毛先の線はギザギザにして髪の流れと「回り込み」を常に意識しましょう。

毛先を乱して前髪をサイドに流すと、毛流れが斜めに落ちてくるので、ラフなカッコよさが感じられません。

対して、ラフなスタイルを演出できます。つむじからの流れを作っていきましょう。

少し髪を固めすぎずにツヤを与え、ソフトにホールドして髪の流れを意識すれば立体感を演出できます。

綺麗に整った部分は毛先の線はギザギザにしすぎない、全体のボリュームを抑えるとスッキリした印象を決めるのは前髪です。

きっちり固めたスタイルは正面から見るとオールバックというよりツンツン頭になり、乱れた毛先の線がまとまって一つの塊になり、乱れた毛先を立たせればツンツン頭に見えます。

頭は球体ですし、前髪をサイドに流すと、毛先を乱して前髪をサイドに流すと、やんちゃっぽさを出したいときは、髪を下ろした髪と同様に、つむじを起点にしすぎないように気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました