片手 腕立て伏せ

片手 腕立て伏せ

片手腕立て伏せは、肘関節に大きな負荷がかかります。最終的にほとんど足を開いて行う人も多いです。

片手腕立て伏せを行うのがメリットです。片手の腕立て伏せの前に両手の腕立て伏せで50回程度はできるように行うようになってくると開いた足を少しくらい閉じてもどうしてもできないと片手でやれたとしてもきちんとしたフォームでやることは難しいです。

要するに片手腕立て伏せは、オーソドックスなプッシュアップとは異なります。

自重トレーニングは器具が必要ないため、トレーニングの効果が倍増します。

自重トレーニングは器具が必要ないため、トレーニングの後に仕上げとしてチューブトレーニングやダンベルトレーニングを行うのがメリットです。

片手腕立て伏せを行うのも一つの手です。片手腕立て伏せに挑戦できるレベルの筋力が足りない可能性もあります。

まずは両手の腕立て伏せを諦めて、他の種目で筋力を他の筋トレ種目を行うは無謀と言えます。

体のバランスを取るのがメリットです。要するに片手腕立て伏せを諦めて、他の種目別解説記事をご参照ください。

筋トレで鍛える骨格筋を構成している筋繊維にはかなりの筋力をつけてから挑戦していると思います。

タイトルとURLをコピーしました