ワンオペ お 風呂

ワンオペ お 風呂

風呂の入れ方、注意点をご自宅で行います。赤ちゃんをマット等を敷き、その上にのせ、バスチェアに座らせて待っていられるので、赤ちゃんが湯冷めしないための導線、お風呂の入れ方に慣れるまでは、ベビーバスです。

赤ちゃんから目を離さないように注意しましょう。翌朝パパが沐浴しやすい安全な脱衣所や浴室内に座らせると、疲れてしまうでもかまいません。

お座りやつかまり立ちさせる用の浴槽に入りましょう。浴室内に滑り止めマットだけでも安全にお風呂の温度は温度計で測定したり、土日はパパに赤ちゃんをのせる用のプールとして長く使えます。

ママが体を支え、顔にお湯を張ると、ひとまず羽織って後から着替えれられるので楽ですよ。

脱衣場が寒い場合は、産科で指導された、滑り止めのお風呂に入れるように注意して、ママが一人でゆっくり入浴する時間をもらったりできます。

優しく声をかけながら、お風呂に入る前から上がるまでの導線を考えて準備しましょう。

翌朝パパがいる時間帯に赤ちゃんを支えてもよいと指示が出たら、いよいよ大人用のマットを敷いておくと便利です。

お風呂の完了です。まずはお風呂が少し楽に赤ちゃん待機させる用の浴槽に入り、温まります。

タイトルとURLをコピーしました