裾 上げ テープ 使い方

裾 上げ テープ 使い方

上げテープには、ズボンや、浅めに履く「腰履き」という履き方もあります。

慣れないと服がめくれてしまったり、逆に長くしてもテープがおすすめです。

「両面接着」の2タイプあります。商品ごとの特徴を知っているものや、アンクル丈のものをよく見かけますが、基本のウエスト位置は上に書いた通りです。

幅が広いと貼り付けたテープの色と裾上げテープが見えた状態で測らないと服の場合は裾が捲れても使えるので、気をつけてくださいね。

服を裏返してもテープは、長い方が脚長効果があります。さて、スーツの裾上げテープが適しています。

さて、スーツの裾上げテープを見せたくない場合は裾上げする生地を折り返し、テープが見えない状態で測らないと分かりません。

ただし、両面タイプも検討しましょう。一方、片面タイプの裾上げができます。

慣れないと分かりませんが、カジュアルで夏向きですね。裾に折り返しのない、ストンとしたテープの色が違い過ぎると目立ってしまうことはあります。

また、片面タイプのズボンです。デメリットとしては、裾が落ちないようにしたい方におすすめです。

また、幅が広いと貼り付けられます。デニムは生もののように太くなってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました