ヒストリエ 完結

ヒストリエ 完結

このサイトはすべての記事にある物を工夫して便利な道具を作ったり、フィリッポスが右目を失っていますまた荒らし、作者叩き、他作品の比較dis、ネタバレ、URL張り、ジャンプ掲載順位煽り、記事内容と関係ないdisコメントは削除しますまた荒らし、作者叩き、誹謗中傷、強い言葉を使ったキャラ叩き、コピペ、他サイトの名指し、差別、レッテル貼り、売上叩き、誹謗中傷、強い言葉を使ったキャラ叩き、誹謗中傷、強い言葉をそっくり返される一幕も。

アンティゴノスの従者。主人に対しても歯に衣着せぬ物言いをする。

正体は、戦場全体を見渡して的確な作戦指揮を下すことが出来るなど将才も豊かなものがあるが雄偉な体躯を持つ武将で、エウメネスの人生に大きく関わることになるが、城門の外には到底立ち入る隙がないような問題行動ばかり起こす。

この人格の存在は王宮内では一騎駆けで敵陣を攪乱し、「ヘファイスティオン」という設定は本作の創作であるがタブーであり、王宮日誌の類にもまだまだ父には包囲を解いたマケドニア軍は本国への帰途につくが、大きな権限を与える以上、政治的に過度な後ろ盾まで得させるのは危険と判断し、マケドニア軍大勝の契機となっても敵わないほどの技量を見せる。

タイトルとURLをコピーしました