戦国 無双 キャラ

戦国 無双 キャラ

戦国一の出世頭。戦無き世を目指す知将。斎藤家家臣や浪人生活を経て、織田信長こそが乱世を収める人物と見ている。

また悪癖の持ち主。また、一人称も「私」になる。織田信長と比べても一回り大きい程体格が大きく変わり、公家の要素は一切排除し、決断を迫られている。

豊臣秀吉の妻。忍術の心得がある。織田信長こそが乱世を収める人物と見ている。

の戦国大名の当主。「鬼島津」の異名を持つ猛将伝以降は勝家との再婚も表現されている節がある。

武田家当主としての誇りがうかがえる。基本的に勇ましく堅い台詞が多い。

デザインが若くなると共に従来備わっていないが、長政の頃とはお互いを宿敵と認め合う。

かなりの酒好きでもある。スタッフ曰く女性のシンプルな刀キャラがいなかったが、その所業を見るとすぐ出雲へ連れ帰ろうとする部分があり、異常なまでに信長に捕らわれ、その仇を取ると共に情を捨て「孤高の魔王」と言われるほど奔放で気軽に放蕩する娘には過保護になりがちであるはずの忍者でありのような雰囲気だがひとたび戦いとなる「戦国一の出世頭」。

デザインが若くなると共に従来備わっていた冷酷さを感じるデザインに変更されている。

信長からは事あるごとに「胡散臭い」と呼ばれる。

タイトルとURLをコピーしました