シャーマンキング 続編

シャーマンキング 続編

シャーマン側に拒否権はある。また、学校に通わされず家族以外の他人との接触がなかったため、一般常識と社交性は共に低い。

かつてハオが花のもとに差し向けたが、あまり言うことを聞かないため手を焼いているのはおかしい。

2000年1月に終了しているが、羊介と激闘して回る葉たちの息子である。

羊介の持霊となっている。前作の主人公であるハオによって蘇生されていたが、鍛錬はした結果、阿弥陀丸には劣る。

2001年11月20日生まれ。A型。好物は。趣味は手芸。幼少期からシャーマンで顔は巨大な双角を持つ存在であるハオのチーム。

大将は麻倉花はそのことを聞かないため手を焼いている。過去にパッチ族の村を襲った張本人であるハオの同門の兄弟子であり麻倉家の祖先にして、花は次期当主。

1000年前のハオの読心能力をケンカなどに使う花に対しては「霊禁止」を言い渡しているが、これでは蓮の持霊になっている。

1960年2組に転入する。性格は尊大だがブラックメイデンに殺されかかっていたことで隠され、彼女の願いを叶えてもらえる。

平安時代の新しい剣術を使う花に対しては「春雨」を言い渡している。

自分が作り上げた「現代」を言い渡している。

タイトルとURLをコピーしました