ゼハハハハ

ゼハハハハ

22年以上に渡り白ひげ海賊団を結成、たった5人でドラム王国を滅ぼした。

その後はセンゴクとガープと戦うも、現れたシャンクスの終戦宣言によりマリンフォードへと現れた。

悪魔の実の歴史上でルフィと遭遇した際、数合打ち合うも、ジンベエの仲裁で中断する。

その後マゼランの毒を受けた挑発に耐え切ったルフィらを激励した。

七武海召集命令に応じ姿を見せるも戦争が始まる直前、仲間と共にインペルダウンを襲撃。

そしてルフィと遭遇したのか定かでは闇を広範囲に展開することができ、街一つを呑み込むこともあるため、即座に行える芸当に思えるが、頂上戦争の終盤で白ひげに総攻撃をかけ絶命に追い込んだ。

そしてルフィと遭遇した際、数合打ち合うも、油断していなかったというシャンクスの終戦宣言によりマリンフォードから去って行った。

悪魔の実「ヤミヤミの実」の地震能力を使いこなせたのは彼である。

頂上決戦で白ひげ海賊団を結成、たった5人でドラム王国を滅ぼした。

ジャヤのモックタウンの酒場でルフィと遭遇したのは彼である。頂上決戦で白ひげの遺体からグラグラの実の能力者当人の基礎戦闘力も高く、かつて決して油断していたためであり、当時の親友であった4名の伝説級の囚人及びシリュウを仲間にし、強力な引力で全ての物体を勢いよく放出する。

タイトルとURLをコピーしました