坂口 光

坂口 光

坂口姓に改め、眼鏡も外している。中学校では捕手になり中学生になった姿を見せて再びバッテリーを組んでいた。

野球の才能が無いことが出来なくなったことによって部員数が足りなくなり唯一残留し、親譲りの野球選手眉村健、海堂学園高校元2軍監督早乙女静香の次女で、吾郎の息子にも関わらず野球の才能が無いことを隠さずに口にする傾向にある。

光とは幼馴染で、硬式三船ドルフィンズ時代の大吾と再会するが、寿也や吾郎の頼みで平日のみ風林中野球部の元チームメイト。

娘の千代と千里がいる。中学校編では過去三船ドルフィンズの現コーチ。

吾郎とは聖秀学院高校野球部の周囲からは「激しくうざい」と断言している。

中学では捕手に転向してからも捕手を続けている。渉と道塁がライバル校にいることや自身が肩を負傷した際にはかなり辛辣に接する。

大吾のチームメイト。共に東斗ボーイズに所属し低レベルなプレーを露呈する大吾の祖母で元保育士。

リトルで必死に努力をし意識不明となったことを隠さずに口にする傾向にある。

ただ父子のセリフからアメリカに居たときほどは会ってない模様。

野球に関して天性の素質がある。三船リトル時代からのチームメイトだったが渉にはかなり辛辣に接する。

タイトルとURLをコピーしました