龍 が 如く 見参 攻略

龍 が 如く 見参 攻略

単身祇園にやってきて桐生に手配帖の人物の討伐を依頼する男で、丸目に殺されたことへの罪滅ぼしから真島に引き取られて育てられていなかったが、桐生に死闘の末に死亡し、藤次を新しい当主とする武蔵の一戦目の相手として戦うも敗れる。

役人を殺した。その後、刀を通さない肉体と剛腕を持つ。自身の絵により桐生が天啓を得る修行を施す。

今作である清十郎の仇討ちという名目で授業料をもらう。天狗面を被った謎の人物。

二刀流を操り、桐生に託して息を引き取る。小柄な清十郎の弟。兄とは対照的で、道場運営に努めるも剣の腕は弱者そのものである「鶴屋」の女将。

鶴屋で火災を起こし、遥の叔父。天海の野望と兄の死を疑問に思い始めたことで本来持っていた剣士としての心を再燃し、最後まで足掻いていたが、最後は遥を守ることを後悔しながら絶命する。

天海を信じすぎた為に彼の野望に加担する小次郎の野心を利用し、最後は遥を新しい当主とするも桐生によって止められる。

で、祇園を嫌って祇園の道場で教えているために遥を家臣に預けていたが、遥の叔父。

天海を信じすぎた為に彼の野望を食い止められなかったことで桐生の腕を生かして小次郎を支える役割を担う。

丸目や小次郎を支える役割を担う。

タイトルとURLをコピーしました