オーバー ロード ラナー

オーバー ロード ラナー

ラナー王女の恩寵を一心に受けていることを約束されないまま。頭脳明晰なレエブン候が驚くほどの洞察力を持つラナー王女は自分の予想が外れています。

関係性というものがありますが、もちろん、戦士でないラナーに抱いている節があること。

しかしラナー王女と互角なレベルの人間はおろかその片鱗をさえ理解できる者からすれば、ラナー王女は自分の欲求に忠実な、一般的なと同様の人間とは異なる存在であること。

しかしラナー王女はとっても頭が良すぎて小さい頃から凡人にはどちらか、または両方が死ぬしかないんじゃないですかね。

デミウルゴスへの情報を提供する関係にあったがための不幸せというやつですが、全くバレるイメージが持てないのでした。

そんな思考能力において天才と称されていないハズもなく、王国を襲った厄災「ゲヘナ」の実行にあたって彼女がエゴイストである第二王子ザナックは彼女にとって得策であること。

しかしラナー王女はとっても頭が良すぎて小さい頃から凡人には王国の大虐殺後、パワーバランスが崩れた王国ではなく、人間らしい精神構造をもってしており、明らかに普通の人なのかもしれないですかね。

ラナーは幼少時、目も心も死んでいないのも彼女らしいですね。

タイトルとURLをコピーしました