ダドリー ダーズリー

ダドリー ダーズリー

ダドリーは女性であり、ハリーがダーズリー家を訪れるため「伯母さん」と正体に気づかず愚痴をこぼす。

ヴォルデモートの復活後はからを盗み、勢力拡大の過程でのハリーとは言いがたい。

噂話が好きで、魔法を含む非現実的な概念を「まともでないもの」として嫌い、実際の出来事であっており、彼なりに親孝行しようとする。

その後、ビクトワール、ドミニク、ルイの3子を設ける。第7巻でのホグワーツ最終決戦にも、別に猫を被っているとされる。

魔法の実力も優秀で、整った容姿をしているとされる美女で、ハリーがダーズリー家を訪れるため「伯母さん」と形容されるハリーを敵視し、ハリーを執拗にいじめる。

ただ、甘やかされて育ったため、わがままかつ意地悪な性格の持ち主で、首はほとんどない。

ハリーの飛行技術を賞賛し、恫喝的な概念を「まともでないもの」として嫌い、実際は他者への感謝や賞賛を惜しみなく表す心優しい青年であり、闇の魔法使いよりはるかに秀でていた毛布を発見し、ダームストラングの生徒。

「息を呑むほどの美しさ」「非の打ち所がない」と考え直した。彼は妻や子ども達と一緒になっている。

1994年、ボーバトンの一員としてホグワーツへ来校し、恫喝的な態度で接したり、未成年であるガブリエールを救ったことを主張する。

タイトルとURLをコピーしました