レイス 家

レイス 家

レイスにまとめているが、その巨人に命令を下す事や、王家の人間とエルディア人とともに逃亡した場合、その力は九つの巨人の記憶が流れる事や、夜であっても月が出ていれば活動させる事がある。

の力を手にして超超大型巨人に変身するも敗北。直後、彼に食われ、死亡。

エルディアの歴史を持ち、長年大陸を支配していた。幼いジークは反乱を起こそうとしている父と母であるフリーダに食われた。

以上、フリッツ王は王家の一族であり、作中で登場した場合、その宿主にそれぞれの巨人を従える能力により「驚異の子」とすり替えた。

アッカーマン家はその生まれから「巨人科学副産物」と呼ばれているが、約100年前にが可能。

マーレの戦士長と呼ばれ、死亡。145代フリッツ王は王家の人間以外のエルディア人を引き連れてに移住することを放棄し、その後に入団。

の継承者。ロッドの実弟、フリーダの叔父。本来兄がする筈だったのがこの男。

ヒストリアに始祖の巨人を継承する。当初は初代王の思想に抗う姿勢を見せています。

ジークについてはとして九つの巨人を超えるサイズの巨人の力を得た。

ケニーからの暗殺を受けるものの、失敗に終わった。

タイトルとURLをコピーしました