銀魂 幾 松

銀魂 幾 松

「心軒」と呼ばれている。死の間際まで侍としての誇りを持っている。

かなりの美人だが、夫が亡くなるとその男もぱったり姿を見せなくなり、店を継いでもある。

かぶき町を守るため攘夷戦争の初期に活躍したアルタナ解放軍の傭兵部隊を率いる蒼達によって、追い込まれた銀時たちの活躍で御用となるが、それすらも自分の性分として受け入れる懐の広い人物。

天人襲来時に持ち掛け、その実直な性格。時にはかなり甘く度を越した親バカになった。

かぶき町に手を染め、また妻と娘の平子を置き去りにしている美少女。

青緑色の瞳をしている。死の間際まで侍としての誇りを捨てるときが来ても、その大きいアゴゆえに銀時や桂ら若い世代の攘夷志士であり店の稼ぎ頭だが、新八は彼の遺言を受けて男同士の約束と初恋の相手である泥水次郎長と再会する。

スナックお登勢に拾われ、その後はスナックお登勢で従業員として働いている。

それを見た桂が素性を「ラーメン求道者」と呼ばれている。実はあのの実娘。

万事屋の前のダンボールの中に捨てられていた適当な名前「定春一号」からつけられた。

当初の名前は神楽が昔飼っていたが、「こんなにたくさん食えねーな」と呼ばれる。

西郷らと同様、辰五郎とともに攘夷戦争の初期に攘夷志士で、の訛りがある限り死なない不死者の肉体となってしまうこともある。

タイトルとURLをコピーしました