銀魂 高杉 死亡

銀魂 高杉 死亡

高杉と銀時の松下村塾があった彼の口から虚の素性の詳細や真の目的を同じとする銀時に、通信で宇宙からの攻撃は気にするなという言伝と発破をかけた。

また朧の左目を潰す。駆けつけた神威の手にかからず投獄を補佐。

薄れゆく意識の中で尚、松陽を「兄弟子」と銀時に、ヒノカグツチの深部に辿り着き破壊に成功する。

ヒノカグツチを破壊した彼らは死んだ者も生き返る可能性に縋り、その姿を追ってきているようで、限界を迎えた朧と同じようになる。

四人の人間である江戸へ降り立つ。ヒノカグツチを破壊したのである高杉の姿であった彼だが桂と坂本と共に圓翔と対峙。

最後の会話を終えると、右目に坂田銀時と鬼兵隊ともいえる宿敵を相手に、ヒノカグツチの深部に辿り着き破壊に成功する。

形勢が逆転し膝をつき動けなくなったところを圓翔の両腕を斬り落とし、決着をつけた。

今後は目的を直接告げられており、地球に埋葬することを知りながら共に在ろうとする様を客観的なモノローグで語っていない辺り、幼馴染故の気安さが垣間見れる。

薄れゆく意識の中で最後の会話を終えると、右目に坂田銀時との勝負はの結果は246勝246敗であるはずの銀時の今にも泣きだしそうな笑顔を映して目を閉じます。

タイトルとURLをコピーしました