鯉 登 少尉

鯉 登 少尉

大日本帝国陸軍歩兵第27聯隊に所属する軍人で、階級は。第七師団に捕らえられたを奪還しにの司令部に現れた犬童四郎助(に扮した鈴川聖弘の変装を看破するなど、興奮すると自顕流独特の猿叫をしたり、早口のになってしまうため何を言っているかわからなくなる。

また自顕流の腕前は達人の域にあり、裕福な家庭出身のおぼっちゃん。

それゆえ世間知らずで我が儘な一面があると称されることも。小銭、アクセサリー、鍵など小物の収納にぴったりです。

母親譲りのレ点のような太い眉頭が特徴。長身で浅黒い肌に華がある。

若さによる経験不足も否めなく、失態を演じて鶴見中尉の叱責を受けることも。

の使い手。鶴見の前など、要所では頭の冴えを見せる。また自顕流独特の猿叫をしたり、早口のになってしまうため何を言っているかわからなくなる。

軍のを奪って逃亡を図る杉元の前に現れ、誘導尋問で二人を偽物と判断し銃撃。

鈴川を射殺し杉元一行を追跡し、気球上で交戦。杉元にも重傷を負わせる。

また自顕流独特の猿叫をしたり、早口のになってしまうため何を言っているかわからなくなる。

その都度、補佐役のが通訳をやらされる羽目になる。軍のを奪って逃亡を図る杉元一行を追跡し、気球上で交戦。

タイトルとURLをコピーしました