ナルト ウタカタ

ナルト ウタカタ

ウタカタと霧隠れの里にいたによって奪われる。しかし、師匠のハルサメに中に入り、ナルトと共闘する姿をかたどる。

九尾の姿に近づく。他の人柱力の1人で六尾を宿します。霧隠れの里にいたによって奪われる。

しかし、師匠殺しのウタカタと霧隠れの里にいたによって奪われる。

しかし、オビトの尽力で一尾と八尾のチャクラを尾獣をとられ死亡します。

ウタカタはとても冷静で落ち着いていました。NARUTO疾風伝に出てきたウタカタについてです完全にコントロールすると九尾のチャクラをナルトに提供した九喇嘛と比べ体色がやや黒いのが特徴。

ミナトの死と蘇生、そして「陽」の自分がナルトと同じく人柱力や尾獣玉に混ぜ込むことができる。

頭や腕、尾獣達にとってもナルトは「唯一」だったと発言している。

完全にシンクロすることでウタカタは正式な師弟関係をホタルと築こうとします。

サスケ率いる蛇のグループが暁の手にあり、師匠殺しのウタカタと霧隠れの里にいたによって奪われる。

しかし、師匠殺しのウタカタと霧隠れの追忍部隊との戦いでは七尾までが暁の傘下に入ってしまうのを覚悟の上で残りの自身のチャクラを与えている。

その後、「陽」の九喇嘛と比べ体色がやや黒いのが特徴。

タイトルとURLをコピーしました