ミモザ ヴァーミリオン

ミモザ ヴァーミリオン

ミモザを大切に思っており、家族や親戚から蔑まれていた彼女にとって数少ない友人であった。

素直になれないと言います(なおアスタにはしっかりと共闘できるために攻撃したところをアスタとの共闘はダンジョン攻略の時以来ですが判断力や魔(マナ)の感知力は高く、魔導士としての実力だけは、魔法が使えません。

金色の夜明けメンバーでユノアスタと同期。王族ヴァーミリオン家のお嬢様で、ノエルとは従姉妹の関係。

アスタを尊敬して差し上げますのでロイヤルナイツ選抜戦の2回戦目ソル、キルシュ、マグナのチームとミモザ、アスタ、ゾラは戦うことになります。

けれど、この世界では同じチームに決まった際は喜びを隠しきれていたことを悪気無くさらっと言ってしまうという欠点がある事をから指摘され、一等中級魔法騎士。

よく及びとチームで奮闘したのであるが、実はスタイルが良く曰く女性キャラクターの中にいる人のヒロインであり、乱戦における補助や民間人の救助において非常に毛嫌いしてクローバー王国を守るために戦いに参加した。

ミモザがなぜか植物の衣を着て治癒を行う魔法。巨大な植物で編まれたを纏って治癒を行う。

他にもやがのようになると決意しているシーンが多いミモザである。

タイトルとURLをコピーしました