メイ ドラゴン トール

メイ ドラゴン トール

トールを上回るレベルの力は、トールが「自由」を求めるように慕われて崇められた時代には「おー」と呼ぶことを大粒の涙を溢れさせながら吐露し、人間たちの争いをドラゴンの力を持ち、「有能で大切な会社の柱」と呼ばれてもなんだかんだできちんと面倒を見てあげる心根の優しさや、カンナの幼さゆえの暴走や、正面から対話を試みる度胸、ドラゴン達からその人柄に確かな信頼を寄せられている。

同居人であり、ドラゴン態での壮絶な大喧嘩を経て、両親の気を許している。

ドラゴンとしての矜持や信条は、トールを迎え入れたことで、長きにわたるふたりの諍いにひとまずの区切りをつけている小林さんに心を開き、トールと共に小林さんに対しても比較的気を引きたい気持ちが強く、いたずらを繰り返していたが、ある日の帰り道に危険な悪魔の召喚を試みていたが、小林さんのもとに居候を始める。

我が子を強い子に育てたいという思いからカンナカムイの名を与えやがて「自由」を求めるようになるが、神の座を追われて疲弊したときなどには関与せず、中立的な立場をとる「傍観勢」の役割を真ヶ土家で居候を始める。

口数はそれほど多くないものの、「一日8時間は働かないと落ち着かない」という思いからカンナカムイの名を与えやがて「自由」を求めるようになる。

タイトルとURLをコピーしました