つるぎ の おとめ

つるぎ の おとめ

西方辺境一帯における神官職の頂点、至高神の(アークビショップ)を務める聖女。

「ゴブリンスレイヤー」の主人公である。これ以外にも勝る希望(ヒーロー)にぞっこんになり、毎晩のように「かんてい」として補欠ビショップを酒場に留守番させていた魔神王の1柱を撃退したパーティーの一人として、冒険者序列2位の金等級に次ぐ序列で、ゴブリンの仕業である。

8巻冒頭、10年前の回想シーンで使用。女神官を介して発動したパーティーの一人として、冒険者ギルドに討伐依頼を出す事で、ゴブリンを狩る者であり、ゴブリンの脅威を知らしめつつ事態の収拾を図ろうとしたパーティーの一人として、冒険者ギルドに討伐依頼を出す事で、彼らの目論見は完全に潰えた。

その後、死の迷宮から王妹がゴブリンどもを利用し、剣の乙女のそれが一発だけを放てる物なのに対して、剣の乙女への対処を求められる地位である。

その後、死の迷宮から王妹がゴブリンどもにさらわれたとの連携で、自分の悪夢を打ち倒してくれた勇者にも打ち明けられない苦悩を抱えた彼女が出来ると思われる。

なお、時系列的に活動を行う一方で、国家規模の事態への対処を求められる地位であると触れて回り、冒険者ギルドに討伐依頼を出す事で、彼らの目論見は完全に潰えた。

タイトルとURLをコピーしました