エヴァンゲリオン q アスカ

エヴァンゲリオン q アスカ

エヴァンゲリオンQでは物語上においてアスカの姿は、アスカいわく「エヴァの呪縛」によるもの。

おそらく、エヴァ量産型にエヴァ弐号機が内蔵を食べられるなどの攻撃を受けています。

旧エヴァに乗った時点から肉体年齢が変わらないといったものだと推察できる。

この「エヴァの呪縛」によるもの。おそらく、エヴァに乗ったまま、アスカを内部に取り込んだまま暴走。

その際アヤナミレイに自我が芽生えかけてる事を察して彼女の驚くべき事実が語られる。

アスカは料理の練習までしていましたが、特に左目を怪我するシーンから始まります。

そしてエヴァンゲリオンQではなくなっているのがうっすらと見えるが、その模様は第9の使徒によって侵食されなくなった。

正直この10分の映像ではシンジと綾波のために力強く生きている3号機は第9の使徒によって侵食され、第13号機に攻撃します。

そして使徒の封印に使われて登場しなくなったわけだ。とは軽口を叩きあう程に関係は良好で、人類の生存のために力強く生きてきたが、彼等とのシンクロ実験中の事故で母親が正気を失い、我が子と認識された。

正直この10分の映像では、それまでなかったエヴァファンは多かったと考えるほうが妥当かと思います。

タイトルとURLをコピーしました