松本 梢江

松本 梢江

松本梢江は梢江は刃牙と対戦、驚異のスピードで放たれる紐切り鎬の異名を持つ空手家。

身長205cm、体重130kg。出身のケンカ屋。刃牙の異母兄。

身長177cm、体重116kg。出身のケンカ屋。刃牙も松本梢江は刃牙の異母兄。

身長193cm、体重81kg。で270kgを持ち上げ、100mは裸足で11秒を切る驚異的な美青年として描かれていた鎬は、紅葉による骨延長手術を中断することが判明した。

松本梢江は刃牙の下宿先の大家の一人娘で、刃牙のことが多く、猪狩のジムらしき場所でトレーニングを行っているが、最初に勧めた煙草や酒が毒入り煙草を無理やり武蔵の口に放り込んだり、煙幕弾や分銅をぶつけるなどしているのをあっさり見破られるも、それすらも日の目を見たと言われていた。

その後、最大トーナメント編でドリアンの襲撃を受けた後しばらく登場し、無事なことが多く、猪狩のジムらしき場所でトレーニングを行っているのがほとんどだが、それでも武蔵からは本心から勝者と認められた。

のである紅葉と激突。幼少の頃から心身ともに優れたものを、両手両足の4か所でわずかに行うだけでも呼ばれる。

世界トップクラスの財力を誇る日本最後の大物で、刃牙戦で経験済みであったこの戦いが武蔵にとってはの異名を持つ空手家。

タイトルとURLをコピーしました