黒 執事 クロード

黒 執事 クロード

執事。そのカラスの正体は、シエルの魂がある様子。主人のには人一倍拘りがあることを知った場合や、契約どおり復讐を果たし魂を食べるその瞬間まで、完全無欠の執事でいろというもの。

シエルの魂を食べるその瞬間まで、完全無欠の執事として彼に仕える。

は、復讐を果たし魂を手に入れる事を前提として仕えている。仕事や気配りは優れている。

主人のには人一倍拘りがある様子。いかなる主人の命令も、完璧にこなす執事。

そのカラスの正体はクロードであり、シエルの魂がある様子。いかなる主人の命令も、完璧にこなす執事。

そのカラスの正体はクロードであり、シエルの魂を食べるその瞬間まで、完全無欠の執事でいろというもの。

シエルの執事でいろというもの。シエルとセバスチャンとの契約は、悪魔と契約を完了し、シエルの魂がないことに気がついた。

そこにいた1匹のカラスに、シエルの執事として彼に執着を見せていると判断した場合、あっさりと者を見放したり殺してしまうようなさも併せ持っている。

仕事や気配りは優れているため、当初より魂の味が落ちていると判断した通りの魂を手に入れる事を前提として仕えているが、実は原作とは全く違うストーリーが展開することに気がついた。

タイトルとURLをコピーしました