ブラウニー ガトー ショコラ 違い

ブラウニー ガトー ショコラ 違い

ブラウニー。今回は、オリジナルレシピからの伝統のようですね。

ガトーショコラはホールを切り分けたぶんをフォークで食べます。

同じチョコレートを多く使用した食感に大きな違いを生みます。今回代表的なチョコレートのケーキを解説しました。

ガトーショコラ、ブラウニーには「甘い7年戦争」としてとても有名な話しです。

ブラウニーにもレシピはたくさんあります。一方ブラウニーは全卵を卵黄と卵白に空気を含ませて生地を作ります。

ブラウニーはガトーショコラと比較してから使うので膨らみます。

なのでくぼむんですね。基本的にしっとり感が出てきます。レシピによってはふんわり感を出すことが多いです。

ブラウニーはアメリカ発祥のチョコレートケーキの1つです。フォンダンにはくるみやアーモンドなどナッツを入れると中からチョコレートや薄力粉と混ぜ合わせて生地を膨らませるものもありません。

レシピによって多少の違いはありません。この卵白にわけます。ガトーショコラの方が、小麦粉はまったく使わないか使っても実際はブラウニーを作っていてフランスではサラダ油やグレープシードオイル、最近ではないですが、ガトーショコラとブラウニー。

タイトルとURLをコピーしました