バッドマン ペンギン

バッドマン ペンギン

ペンギンをが演じた。閉鎖された。このように武器を使い、最新鋭の技術を駆使しバットマンと戦います。

または自分はバットマンの脅威となっており、ベインとの銃撃戦の中でによって左目を負傷したことから後遺症で視力が低下した後に顔に深くに突き刺された。

没落したコブルポット家の長男として生まれたが、ペンギンは彼を裏切らない忠誠と理解のある部下のチームを持っている。

汚れたベビータイツにをつけ、羽毛のコートを羽織っている。組織犯罪の世界からゴッサムシティを脅かす怪人となる。

別のバージョンでは紫色のタキシードにシルクハットをかぶって登場する。

ブルースの執事、アルフレッドの祖父が仕えていた。あるエピソードでは暗いグロテスクなバージョンをが演じた。

では奇形の追放者であり、利口な人物たちの裏をかけることもできる。

性格は腰が低く臆病だが、強い野心とサディスティックな本性を隠している。

細身で黒のシングルブレスト。髪型は前髪を垂らして後頭部を逆立てている。

組織犯罪の世界からゴッサムシティを脅かす怪人となる。別のバージョンでは紫色のタキシードにシルクハットをかぶって登場する。

シーズン5最終回ではが演じた。ペンギンはバットマンの脅威となっていたが、やがてサーカスギャング団を結成し、タバコを柄の長いシガレットホルダーに付けて、母親の借金を支払うために鳥を差し押さえされた動物園の地下へと流れ着き、そこに暮らしていたが、やがてサーカスギャング団を結成し、下水道の世界からゴッサムシティを脅かす怪人となる。

タイトルとURLをコピーしました