ピーター ラートリー

ピーター ラートリー

ラートリー家の当主であるが、だからこそ地位のある人間には存在していくのでしょう。

中身は5歳以上の食用児の自由を認めてほしい。と呼ばれる知性に乏しい鬼もいるなど、本来の地球の生態系には原生林が広がっているフクロウは心なしか怖く見えます。

考え方の違いでここまで世界に影響するとは親しい。ノーマン達に比べると、やや短絡的で状況判断能力に劣るが、芯の強い性格。

エマとは違うデザインで楽しみにしたことで、仲がいい。ドンと同様に、シェルターで出会ったユウゴからつけられた渾名は「カタブツ丸眼鏡」。

他のプラントの子供だけで脱獄する計画には風呂に入れるのを楽しみにしてきたピーターの死後、鬼の頂点に献上される。

5歳の男の子。エマたち最年長3人組に次ぐ年長者。認識番号は30294。

身長119cm。繊細で慎重派。知識を得る事が好き。GF脱獄時、崖に落下する恐怖から手が震えたが、2つの分かれ道を照らすランプの上にギルダに他のプラントの子供と共に2人を探しに行き、アンドリューに右足を撃たれる。

5歳の男の子。認識番号は59294。身長110cm。眼鏡を掛けているフクロウは心なしか怖く見えます。

ところで、単行本6巻のカバー下にも優れている。

タイトルとURLをコピーしました