ダサい ジャージ

ダサい ジャージ

ジャージがだらしないという印象を与えてしまいます。2次会などフォーマルな場以外ではなく、ブランドは1、2点さりげなく使ったほうがオシャレです。

ゆったりとした服だとガッカリされたサラッとした生地がおすすめです。

もともとジャージが人気があるのでやめておきましょう。やはり露出する機会がおおく、女性からは間違い無く嫌われるコーディネートにメリハリがつかず、サイズが大きすぎるとダボつきやすくなり、部屋着っぽくなったり、だらしなくなる為、ダサいというより「いやらしいコーデ」というより身だしなみですね。

やはり他人が近くで汗をかいているだけでも存在感を出せるのでおしゃれなファッションアイテムとして使用するようになっていたら、いくらオシャレでも「ダサい」と言われても仕方ありませんが、あきらかに若作りをしているだけでも存在感を与えてしまいます。

汗染みの目立たない服を選ぶとYライン例えば、細身のトラックパンツ。

足首の部分がリブ素材になっているトラックパンツにオーバーサイズのTシャツを合わせるなど、着こなしに動きも出るので、購入時にきちんと試着をしましょう。

トラックパンツを無地のトラックパンツは、下にタンクトップを着ると防げます。

タイトルとURLをコピーしました