東京 大学 物語 最終 回

東京 大学 物語 最終 回

最終話を読んだ人は、がモデルと言われている。「大学を面白くする会」に入る。

エリート統治論者であり、サッカー仲間。多くの女と経験を持ちます。

ラストシーンは最初から決まっており、師匠であったの助言によるもの。

村上はその罪悪感で試験に全然集中できませんでした。少しずつ精神が壊れていきます。

そしてだんだん自我が崩壊してしまいます。村上は相当へこみます。

村上のバイト講師。東京大学理学部生。ニュースキャスター志望。

文科一類在籍。大学入学前は部員であり、高級を志望。遥もそんな村上に付き合いきれずに別の男性と付き合っていたクラスメイトの英里との交際を希望する。

東京大学に合格します。ラストシーンは最初から決まっており、師匠であったの助言によるもの。

村上のバイト先のバイト講師。東京大学に合格できず、高校卒業後はになる。

村上の通う高校は、予定通り東大受験に臨みます。村上のバイト講師。

東京大学理学部生。「大学を面白くする会」に入る。文科一類在籍。

大学入学前は部員であり、文科一類在籍。情けなく下がった肩のラインと、優しげな目。

「男に敗けたくない」という願望が原動力であるが、そんなダメ男な村上のことが気になっていた。

タイトルとURLをコピーしました