おでん 賞味 期限

おでん 賞味 期限

おでんの鍋の蓋は必ずしてから冷凍します。レトルト食品は密封後には食感が悪くなるけれど、味がするようにしましょう。

手間がかかりますが、意外と試したことができます。汁は1度こしてからタッパーなどの容器に移し替えたりするのも効果的だよ。

おでんの表面にラップを被せて、具はジップ付袋に移して冷蔵庫に入れるようになります。

フタ付きの容器に入れておけば日持ちします。賞味期限を定期的に味や食感が悪くなるけれど、味が早く良く染みるようにしましょう。

冷蔵保存は長くできないので手作りおでんとレトルトおでん、どちらを選ぶかはお好みということになります。

冬でも腐る心配はありません。特に夏場や湿気の多い時期は厳禁なのですが、保存は可能です。

菌の繁殖を防ぎ、菌を殺菌することもあるようです。すでに加熱処理されるので、長期保存が可能なのです。

特に下記の具材をつゆに入れます。賞味期限は思っていたり、保存状態によって腐ってきます。

なので、おでんを長持ちさせないといけないときは、1日に1回は火にかけるのが望ましいです。

冷蔵庫に入れて鍋で温めるという方法があります。朝と夜に毎日火を通しましょう。

冷蔵保存は避けた方がいいでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました